前へ
次へ

通販から広がる可能性と失われる物

世の中へインターネットが普及されて十数年が立ちましたが、その十数年前に今巷でスマートフォンを一般人が手軽に操作している場面を誰が想像できたでしょうか。そしてインターネットの普及とともにとてつもないスピードで広まったのが通信販売事業です。わざわざ店頭へ行かなくても、ネット上で商品の購入を済まし、商品が郵送で送られてくるという画期的な仕組みです。利用者も年々増加しており、つまり人が店頭へ行くことがすくなくなる。これから先にある失われるものはもう想像がつく話ですが、現実に構えている店舗の運営が苦しくなってしまいました。これは時代の犠牲と言えばそれまでですが、通信販売の普及により閉めざるを得なくなったお店も数知れず、しかしそれでも昔から残っている老舗もある。その差はただのネームバリューだけではありません。時代において行かれないように通信販売と店頭販売ダブルの態勢に変更し、きちんと時代についていき生き残るという執念がありました。しかし、時代は早いですから、これからさらにどのような展開が待っているのか、それは誰もわかりません。

Page Top